ニュース一覧

プレオープン 2/12~2/18

2016年2月12日~18日まで12:00~プレオープン&内覧会を実施します。
ご来店の方にはもれなく紅茶とお菓子をサービス。
みなさまのご来店お待ちしております。
2016年02月12日

金曜日の営業時間の変更

来週、3/18より金曜日の営業時間を14:00~21:00に変更いたします。

よろしくお願いします。

2016年03月11日

第一回「七人のマンガ読書会」開催!

書肆ゲンシシャでは、6月11日(土曜日)にマンガの読書会を開催します。

第一回「七人のマンガ読書会」
場所:書肆ゲンシシャ
日時:2016年6月11日(土) 午後2時~午後4時
定員:約7名
参加費:700円(飲み物・お菓子つき)
仕組み:
①マンガ(短編)を各自持ち寄ってその場で読む
②持ってきた人以外で感想を述べる(面白いと思った箇所、気になる表現技法、時代背景が反映されている点など)
③持ってきた人が思い入れを語る(買ったときの思い出、面白いと思った箇所など)
~その後、自由に質疑応答
※ジャンルは問いません
※短編とは、30ページぐらいの作品とします

参加ご希望の方は「genshisha@gmail.com」宛にメールをお送りください。
よろしくお願いいたします。

2016年05月28日

金曜日の営業時間の変更

来週、7/15より金曜日の営業時間を12:00~19:00に変更いたします。

営業時間は以下のとおりになります。

金、土、日、月、火 12:00~19:00

水、木 定休日

今後ともよろしくお願いします。

2016年07月09日

棚卸しのための臨時休業

書肆ゲンシシャは棚卸しのため、7/25(月)、8/1(月)はお休みいたします。

7/26(火)と7/29(金)、7/30(土)、7/31(日)は営業します。

よろしくお願いいたします。

2016年07月24日

表現者とは何か

店主のブログ「Ryuugokuの日常」に表現者とは何か、また表現者の力の源とは何か、

私なりの考えを書きました。

書肆ゲンシシャはメアリ・ダグラス『汚穢と禁忌』の穢れであろうという思想に基づいて

成り立っており、その基盤となる思想にも繋がるものです。

ぜひご一読ください。

 

表現者としての力

2016年07月30日

幻視者とは何か

書肆ゲンシシャという店名の由来にもなっている「幻視者」という言葉。

幻視者とは何か、私自身の経験をもとに店主のブログ「Ryuugokuの日常」に書きました。

ぜひご一読ください。

 

幻視者とは何か

2016年08月22日

臨時休業のお知らせ

書肆ゲンシシャは、8/29(月)、8/30(火)、9/2(金)を臨時休業とさせていただきます。

本来定休日の水木を合わせて、8/28(日)の次は9/3(土)が営業日になります。

何卒よろしくお願いいたします。

2016年08月26日

10月の営業日について

10月の営業日につきまして、4日、11日、18日(いずれも火曜日)はそれぞれ、

店主出張のためお休みとさせていただきます。

何卒よろしくお願いいたします。

2016年10月03日

店主トークイベントのお知らせ

現在、京都の古書店、アスタルテ書房にて、「ゲンシシャ古写真コレクション」展が開催されています。

これに合わせて10/15(土曜)13:30からアスタルテ書房にて、

ゲンシシャ店主龍國竣のトークショーがはじまります。予約不要。入場無料。

別府の店舗は10/14、10/15を臨時休業とさせていただきます。

何卒よろしくお願いいたします。

2016年10月08日

年末年始の営業について

書肆ゲンシシャの年末年始の営業についてお知らせいたします。

年末は12/27(火)まで営業いたします。

年始は1/6(金)から営業いたします。

今後ともよろしくお願いいたします。

2016年12月23日

店主トークイベントと臨時休業について

東京・下北沢の本屋B&Bにて、澁澤龍彦と親交のあったフランス文学者・巖谷國士先生と、

書肆ゲンシシャ店主・龍國竣との対談「驚異の部屋(ヴンダーカマー)とシュルレアリスム」が、

1/29(日)午後3時から開催されます。

それに伴い、1/24(火)~1/30(月)まで書肆ゲンシシャは臨時休業とさせていただきます。

対談の詳細は以下のサイトで公開されています。

よろしくお願いいたします

 

「驚異の部屋(ヴンダーカマー)とシュルレアリスム」

2017年01月20日

「永遠の命」展、開催!

 書肆ゲンシシャでは、2月から終期未定で「永遠の命」展を開催いたします。

 「死後写真」に焦点を当てた先鋭的な取り組みです。

 この展覧会に寄せた文章を店主のブログ「Ryuugokuの日常」に投稿しました。

 ぜひご一読ください。

 

「永遠の命」展に寄せて

2017年02月06日

古本屋経営の実情について

古本屋経営の実情について、書肆ゲンシシャの経営状況、また、店主としての経験をもとに、

店主のブログ「Ryuugokuの日常」に書きました。

はっきり言って、書店経営は想像をはるかに超える厳しさです。

ブックオフと対立しない、隙間産業を目指す地方の古本屋の実態をぜひご覧ください。

 

古本屋経営の実情(ゲンシシャの場合)

2017年03月06日

ゲンシシャの客層

オープンして一年が経ちました。

果たしてゲンシシャにはどういったお客様が訪ねて来られるのか、

これからゲンシシャをご訪問される方、ゲンシシャにご興味をお持ちの方のために、

店主のブログ「Ryuugokuの日常」に書きました。

ぜひご一読ください。

 

ゲンシシャのお客様(客層)

2017年04月07日

展示および臨時休業のお知らせ

書肆ゲンシシャでは、京都のアスタルテ書房にて開催される展覧会に古写真を出品いたします。

「死後写真」「同性愛」「戦争」をテーマに普段視ることのない稀少な写真を展示します。

 

羅入×書肆ゲンシシャ特別展 「ゆきゆきて彼岸にゆき」

会期:2017年5月12日(金)~5月26日(金)

時間:14:30〜19:30

会場:アスタルテ書房 京都市中京区御幸町三条上ル丸屋町331 ジュエリーハイツ202 075-221-3330

 

また、店主トークイベントのため、5/12(金),13(土),14(日)は臨時休業とさせていただきます。

何卒よろしくお願いいたします。

2017年05月07日

「永遠の命」展、中間報告

2017年2月から始まった死後写真の展覧会、「永遠の命」展もいよいよ約半年が過ぎ、

様々なお客様の、様々な反応が見られました。

今回はその中でも特に関心が高いだろう事例をもとに、

店主のブログ「Ryuugokuの日常」に書き出してみました。

ご一読よろしくお願いいたします。

 

死後写真展、中間報告

2017年06月10日

第一回「別府大分朗読会」開催!

 書肆ゲンシシャと縁がある方たちに詩を詠み上げ、歌を唄ってもらう「別府大分朗読会」の第一回目を別府市内の喫茶ムムムで開催します。みなさまのご参加をお待ちしております。

日時:平成29年7月2日(日)19時30分開演(19時開場)
会場:喫茶ムムム(西法寺通りのセレクトベップの裏)
大分県別府市中央町1-27
※ 駐車場はございません。お手数をおかけしますが、近場の駐車場をご利用ください。
参加費:1500円(ワンドリンク代込み)

お問い合わせ先:書肆ゲンシシャ
電話:0977-85-7515
メールアドレス:genshisha◎gmail.com(◎を@に変えてください)
※電話またはメールでご予約いただきますと助かります。

今回の出演者
 ゆや
京都を中心に活動しています。萩原朔太郎『ソライロノハナ』より別府を詠った「さびしき町」を朗読するほか、フランスの詩人グールモンの日本語訳された詩を朗読します。演奏は、手風琴を弾きながらシャンソンのような物語り性のある日本語のオリジナルの歌と、フランス語や英語の歌のカバーを歌います。
過去の朗読会の様子(YouTube)↓
https://www.youtube.com/watch?v=8f6ydvCBKG0

※椅子を準備してお待ちしております。
※会場には15名ほどが入れます。

2017年06月21日

「魂の性別」展、開催!

書肆ゲンシシャでは、2017年8月から終期未定で「魂の性別」展を開催したします。

100年前のLGBTの同性婚や異性装の古写真を集めた画期的な展覧会です。

この展示に寄せた文章を店主のブログ「Ryuugokuの日常」に書きました。

ぜひご一読ください。

 

「魂の性別」展に寄せて

2017年08月01日

「別府大分緊縛会」開催!

 大分県大分市を拠点に長年にわたり縄師として活動して来られた梨花悠紀雄の緊縛を披露いたします。
みなさまのご参加をお待ちしております。

日時:平成29年9月13日(水)13時開演(12時半開場)
会場:大分県大分市内某所(ご参加される方にのみお知らせいたします)
※ 駐車場はございません。お手数をおかけしますが、公共交通機関をご利用されるか、近場の駐車場をご利用ください。
参加費:8000円

お問い合わせ先:書肆ゲンシシャ
電話:0977-85-7515
メールアドレス:genshisha@gmail.com
※電話またはメールでご予約いただきますと助かります。

今回の出演者
 梨花悠紀雄
『奇譚クラブ』で活躍したモデル梨花悠紀子から名前を受け継ぎ、大分や福岡で緊縛を実施してきました。自宅を改装して専用の緊縛部屋をつくり、月に一度、緊縛鑑賞会を開催しています。

※畳に座って鑑賞いただけます。
※会場には10名ほどが入れます。

2017年09月12日

ゲンシシャはなぜエロ・グロ・ナンセンスを求めるのか

書肆ゲンシシャはテーマのひとつとしてエロ・グロ・ナンセンスを掲げています。

昭和のはじめに一世を風靡したエロ・グロ・ナンセンスをなぜ今また求め、

蒐集し、アーカイブしているのか、店主のブログ「Ryuugokuの日常」に書きました。

ぜひご一読ください。

 

ゲンシシャはなぜエロ・グロ・ナンセンスを求めるのか

2017年09月22日

アンソロジー『lazu-write(ラズライト)』完成

 書肆ゲンシシャ店主リュウゴクも執筆したアンソロジー、『lazu-write(ラズライト)』が完成しました。ゲンシシャにて一冊500円で販売しています。

 11月3日(金)~5日(日)(11:00~20:00)に「旧ムラヤ青果店(大分県別府市元町3-3)」で開催される「zine展inBeppu」でお買い求めいただけます。

 職種も年齢も多様な執筆陣(二宮和敏、龍國竣、中澤伸哉、如月、豆塚エリ、仁真万司、時枝霙、常西泡世、白水ま衣、東多久)による力作(主に詩)が掲載されています。何卒よろしくお願いいたします。

 

zine展inBeppu

2017年10月21日

「別府大分芸術祭」開催!

この度、書肆ゲンシシャに縁のある人々で結成された「幻視者の集い」が、

別府市公会堂にて、11/23~12/3、「別府大分芸術祭」を開催する運びとなりました。

この展示に向けて書いた序文を、店主のブログ「Ryuugokuの日常」に掲載しました。

ぜひご一読くださいませ。

 

「別府大分芸術祭」に寄せて

2017年11月14日

年末年始の営業について

書肆ゲンシシャの年末年始の営業についてお知らせいたします。
年末は12/26(火)まで営業いたします。
年始は1/5(金)から営業いたします。
今後ともよろしくお願いいたします。

2017年12月18日

ゴールデンウィーク中の営業について

ゴールデンウィーク中も、書肆ゲンシシャは通常通り、水・木定休、営業時間12時~19時にて、

営業させていただきます。5/2(水)、5/3(木)を休業とさせていただきます。

何卒よろしくお願いいたします。

2018年04月28日

映画『ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷』にコメントを寄せました

書肆ゲンシシャ店主が、映画『ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷』にコメントを寄稿しました。

「屋敷を目撃した13人の証言」として掲載されています。

以下のサイトにて確認できます。

 

映画『ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷』コメント

2018年06月15日

京都でのトークイベント開催と臨時休業のお知らせ

 6/23(土)19時半より、京都のアスタルテ書房にて、書肆ゲンシシャのコレクションをお披露目いたします。古写真を中心に、所蔵する作品の一部を持参し、ご紹介・販売いたします。ぜひご参加ください。

 それに伴い、6/23(土)24(日)は、別府の店舗を臨時休業とさせていただきます。何卒よろしくお願いいたします。

2018年06月19日

「地獄極楽新聞」に掲載されました

別府市内各所で無料配布されている「地獄極楽新聞」に書肆ゲンシシャが掲載されました。

「別府ディープ観光」と題するコーナーに特集されています。

死後写真、LGBT写真が、画像付きでまとめられています。

ゲンシシャにおいても配布しています。

ぜひ御覧ください。

2018年06月29日

『シティ情報おおいた』に書評が掲載されました

『シティ情報おおいた』2018年夏号に書肆ゲンシシャ店主の書評が掲載されました。

幻想美術の画集をおすすめしています。

大分県内各所のコンビニや書店で販売されています。

ぜひご覧ください。

2018年07月04日

臨時休業のお知らせ

 申し訳ございませんが、親族の葬儀のため、7/27(金)、7/28(土)を臨時休業とさせていただきます。7/29(日)より通常通り営業いたしますので、何卒よろしくお願いいたします。

2018年07月26日

『シティ情報おおいた』に連載をはじめました

『シティ情報おおいた』2018年8月号より書肆ゲンシシャ店主の新連載「ビブリオフィリアの秘かな愉しみ」が始まりました。

第一回目では、官能的な絵画の画集をおすすめしています。

これからゲンシシャらしい書籍を紹介していきます。

大分県内各所のコンビニや書店で販売されています。

ぜひご覧ください。

2018年08月03日

「ポエトリー・サラダボウル」開催!

2018年11月3日に「ポエトリー・サラダボウル」を別府市社会福祉会館にて開催する運びになりました。

詩の朗読と展示を含むイベントです。

「第33回国民文化祭・おおいた2018」の一環として開催されます。

 

開催日 2018年11月3日(土)
時間 12:00~17:00
会場 別府市社会福祉会館(大分県別府市田の湯町15番40号)
後援 土曜美術社出版販売(詩と思想)
講師・パフォーマー 平川綾真智・瀧村鴉樹・元ヤマサキ深ふゆ・にゃんしー・泉由良

 

以下のサイトから朗読・展示の参加をお申し込みいただけます。

ポエトリー・サラダボウル

 

よろしくお願いいたします。

2018年08月12日

「奇想の写真」展、開催!

書肆ゲンシシャは、8/18より、京都のアスタルテ書房にて「奇想の写真」展を開催します。

「死後写真」と「隠された母」の展示・販売を行います。

ぜひご覧ください!

 

~~~~~~~~~~

書肆ゲンシシャより死後写真と隠された母が届く「奇想の写真」展
猛暑に見舞われた京都にヴィクトリア朝に視た幻想があらわれる
目にした者たちのためらいに世界はあらたな顔をのぞかせてくれる

~~~~~~~~~~
8月18日~8月29日(定休日・木曜)
14時30分~19時30分
アスタルテ書房
〒604-8086 京都府京都市中京区 御幸町通三条上る丸屋町332
075-221-3330

2018年08月14日

『シティ情報おおいた』に書評が掲載されました

『シティ情報おおいた』2018年9月号に書肆ゲンシシャ店主の書評が掲載されました。

別府大学講師の澤西祐典さんによる『文字の消息』(2018年)をおすすめしています。

大分県内各所のコンビニや書店で販売されています。

ぜひご覧ください。

2018年09月04日

『POPEYE』に掲載されました

書肆ゲンシシャが、『POPEYE』2018年11月号に掲載されました。

「一人旅にいってきます。」特集の中で、別府の欄に掲載されています。

雑誌『ポパイ』は、全国の書店などで取り扱っています。

2018年10月12日

『シティ情報おおいた』に書評が掲載されました

『シティ情報おおいた』2018年10月号に、書肆ゲンシシャの眼の前にある別府公園で開催中の、

「アニッシュ・カプーアIN別府」に関する店主の書評が掲載されました。

アニッシュ・カプーアについての逸話を書いています。

『シティ情報おおいた』は、大分県内の書店やコンビニなどで購入できます。

2018年10月16日